スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天王寺動物園へ写生会にいってきました

参加者は男性4人に女性2人
神戸からきてくれたけんたろうくん以外の男性陣はみな
天王寺動物園の常連さん

よくひとりでおひるねしたりどうぶつたちをみにきたり
するということで、どこにどのどうぶつがいるかなどとてもくわしい

まずは雨なので、屋根のあるチンパンジー・オラウータン館へ

屋根があるからここで絵をかこう!ということになり
絵をかきだしたら

見なくてもかけるといって半数の人がチンパンジー・オラウータン館の外の
ベンチに座ってかきだし
印象派はちがうなあといいながら
残った人は一生けん命チンパンジーとオラウータンをみつめる

かきおわってベンチ組のところへ行ってみると
チンパンジーやオラウータンをかいている人はひとりもいず
白い画用紙には、なまけもの、さる、ふしぎなもの
がいました

印象派はちがうなあ
印象派画伯



そのあとも雨にも負けず、カバに興奮したり、ライオンをみたり、
ペンギンやキリンやワシなんかをみてかえりました

帰ってからは、車で2時間かけて京都の山奥へ
「あかりがつなぐ記憶」というアートイベントをみに行きました

ダム建設のために沈んでしまった村のあかりを
ダムのみなもにライトをうかべて再現するというプロジェクト

ライトの設置作業が大変だということで
きのうはうまく設置できず流れてしまったあかりを
ダムの所長さんがモーターボートをだし、ひとつひとつもとの位置に
直してくれたという

わたしたちがみたあかりはほんとうに
その村の家々のあった場所のあかりだそうで
「これはまるで沢田(村)そのものだ!」とプロジェクトを運営するかたが
声を大にする

地域の方、ダムの職員の方、地域外からこのプロジェクトにかかわる方、
地域外から見に来る方、いろいろな人がダムの下に沈んだ村々のあかりを
とおして出会いつながっていく

しかし、あかりをみることがつらいという地元の方もおられるそう
いろいろなことがある中でも

なくなりゆくものの記憶ををていねいにつないでいこうとするこころみは
あらたな人のつながりや場のつながりを生み出しつづけ
未来へつながる一端をつくりだすことができる
価値あることだとおもう

深い森のよい香りにつつまれて

■あかりがつなぐ記憶サイト
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

くるくるスタッフ

Author:くるくるスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。