スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊主な夜

今日は浄土真宗のお坊さんであるかわなみさんを招いて

「坊主な夜」をカマン!メディアセンターで行いました
予想以上にたくさんのお客さんが来てくださり
仏教や宗教への関心のたかさをかんじる

みんなでかわなみさんを心待ちにしていたのですが
かわなみさん現れず…

なんとか20分押しくらいで会を始めることができ
会場を暗くして会をはじめると、どこからともなくお供え物や
お花やお香や亡くなった方の写真が運ばれてきて
坊主な夜の雰囲気

かわなみさんはなぜお坊さんになったのか  というはなしや
なぜ浄土真宗はお酒を飲んでもよいのかというフランクな話から

孤独について、自殺について、今の教育について、キリスト教について
メディアについて などなど
濃厚なはなしが集まった人との対話のなかからわき上がる

自然とあつまった人が話しだす
大切なものや人を失ったはなし

それを話すみなさんの声やことばには
なんとも言いがたいあたたかいものがこもっていて
せつないけれどあたたかいきもちになった

おかあさんの二回忌が2週間まえにあったのだけれど
供養ができなかったという人も参加していて
お経はさすがにあげられなかったけれど
あつまった人みんなで 写真を囲んで合掌をした

かっていた猫が亡くなったあとにおきたふしぎなできごとを
通りすがりのおじいさんがはなし

はなせてよかったと言って帰る

この会をとてもたのしみにしてくれていた人が
来れなくなってしまって
どうなるか心配もあったけれどこうしていろいろな出来事が
あちこちから沸き立つのはお坊さんのちからなんだろうか…

来月はいつ?という質問がすでにありましたが
またできればHPなどにアップします!

まい

IMG_0962.jpg
おはなしするかわなみさん
手にはお供え物のみかん 脇には木魚 その両脇には会のため朝からとってきてお供え
してあったお花や会の最中に届けられたお花たち 手前ではお香がたかれていますIMG_0963.jpg
スポンサーサイト

たよりがないのがよいたよりだなあ

しばらく顔がみえない常連さんがいて
みんなで心配していたんですがきょうその人が顔を見せてくれて

しばらく絶っていたお酒をまたはじめて
お酒をのんで、人にしつこくするような状態でカマメにもあそびにきていたやさきに
姿がみえなくなってたものだから
心配したけれど

ノンアルコールで元気に手をふって来てくれて
花の世話をしてくれたり自転車のパンクを直してくれたり

聞けば就職活動にいそがしかったそう
しごとはなかなかみつからないそうだけれど

たよりがないのがよいたよりだなあとおもい

お酒や場や人に依存ぎみだったときからすると
だいぶよい表情で
よかったなあとおもう

しごとが見つかって忙しくなったら
もっとこちらに顔出してくれなくなるんだろうなあ
そう考えるととてもさみしいけれど
よいしごとが見つかってほしいなあ

ココルームでは恒例のうさぎ!をよむ会で常連さんたちが
あつまってわいわい

まだお客さんたちのたのしい笑い声がひびいてます

明日はカマメ!でお坊さんをかこんでのお話し会
きょういろいろな人が来たいと言ってくれてうれしい

明日よる7時ころからですのでぜひお時間ある方おこしください


まい

今宮中学校元気アップ支援事業 ボランティア募集のお知らせ

今宮中学校には様々な事情により、家庭内で学習する習慣や空間を十分にもたない生徒が少なくありません。そのため、生徒の学力不足を克服することが長年の課題となっています。今宮中学校では生徒の学力不足を補うために、2009年6月から、学校の正規の授業とは別に、地域内外のボランティア・スタッフによる学習補助事業「今宮中学校元気アップ支援事業」を行っています。これまでの取り組みが生徒および保護者から高い支持を得たことを受けて、2009年10月10日(土)から毎週土曜日に「今宮中学校元気アップ支援事業」を下記の要領で実施することになりました。



実施日時:毎週土曜日 10:00~11:30
実施科目:英・数

使用教材:学校指定の問題集・プリント

集合時間:9:45までに今宮中学校多目的教室(1F)に集合してください



上記に加えて全学年を対象にした定期テスト前学習会を予定しています。詳細は以下の通りです。



【2学期中間テスト前学習会】

実施日時:10月19日(月)14:25~17:30

10月20日(火)14:25~17:30

実施科目:英・数・国

使用教材:学校の教科書・プリント

集合時間:14:15までにに今宮中学校ら目的教室(1F)に集合してください





本事業はボランティアスタッフの参加があってはじめて成り立つ事業ですので、是非多くの方にご参加いただきたく思っています。ボランティアスタッフの参加は不定期でもかまいません。参加希望者は10月7日(水)までに西成市民館の白波瀬 tawaki79@hotmail.com 宛にご連絡ください。なお、「今宮中学校元気アップ支援事業」の詳細は以下の



http://www.ocec.ne.jp/jh/imamiya-jh/newpage2/framepage2.htm




今宮中学校の最寄り駅は、地下鉄四ツ橋線 花園町駅、地下鉄御堂筋線/堺筋線 動物園前駅、JR/南海 新今宮駅です��3同悗�蘚綿��鹿嗤僧昭嗤僧�赱鈑重劉孑�齡綵�藁圻喇敕�告��届淋㌃鼠斌拑���明朝'">5~10分程度で今宮中学に着くことができます。詳細は以下のURLでご確認下さい。近くまで来て場所が分からない場合は今宮中学校に電話(担当:坂口先生)でお問い合わせてください。



http://www.ocec.ne.jp/jh/imamiya-jh/location1.htm



大阪市立今宮中学校の住所 大阪市西成区花園北 1-8-32  電話番号 06-6631-2711

アサダワタルさんより 転載します

お世話になっております!
日常編集家 大和川レコード(アサダワタル)です。

だいぶ、だいぶと朝晩涼しくなって参りました。
みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか?

さてこのたびアサダは、現在大阪中之島にて開催中の
「水都大阪2009~水辺の文化座」の一環として、
音楽家 米子匡司さんと制作しております参加型展示プロジェクト「ジュンケイ」を実施します。
期間は9/28〜10/4。場所は北浜駅近くのバラ園を東抜けたあの辺り(わかりますか?)ですね。

・大和川レコード×米子匡司
水都大阪2009 参加型展示プロジェクト「ジュンケイ」
http://junkei.chochopin.net/ (←このサイトは会期初日の9/28から公開)

メディエイター:小田寛一郎、境隼人、佐藤亘、津田修、中野静佳、桧垣文江、松本渉、ほか
プログラム協賛:西日本電信電話株式会社

このプロジェクトは、会場に設置されている電話ボックスから、誰かの話した〈風景についてのメッセージ〉が、会場に点在する機械や人間のネットワーク の中で、少しずつ意味を変えながらループするもの。そのループから時々こぼれでるメッセージが、本人や、会場に居合わせた人たちの 日常の風景に働きかけます。その日一日で生成される風景と、数日間の蓄積によって、展示中変化する作品です。


また、同プロジェクトについて興味を持たれた方は、よろしければmixiやブ
ログなどでお友達やお知り合いにご紹介いただければ幸いです。

では、会場にてお待ちしております!

長く生きたら背中で語るんだなあ

今日はイラストレーターというパソコンソフトを使いこなすための
スタッフ講習会をカマン!メディアセンターでしました

講習会が始まる前のおぬまさんの不安げな表情が
とてもかわいかったです
こどものときはじめての習い事にいくときの不安を思い出しました

みんなでちゃぶ台を囲んでパソコンをいじって
必死で説明についていく

個人差がある生徒スタッフ陣に限りある時間の中でていねいに
わかりやすく説明してくれたremoのカイさんに感謝感謝です

よ~しこれで、印刷屋さんに入稿できるデータがつくれるぞう
頭をつかって少しつかれておやつをたべたりして

そのあとも、もろもろやるべきことをして
途中途中にいろんな人が出入りをするので話をする
そのたびに経理の数字がわけわからないことになる

かなよさんにいろいろ確認して
いろいろなことが整理されていなかったことに気付き
あわてて修正してみたり

そうこうしているとカマメの縁側部分では軽いけんかや
いざこざが起こっていたり

みんなとなかよくできない人には帰ってもらいます
こどもにいうようなことをおじさんに真剣に心からはなす

と別の人がフォローにまわってなんとかなだめようとしてくれたり
いろいろ気を使ってくれたり
ムードがなごやかになるようにしてくれたり
ことばでなにやかにや言うでなく 行動でささやかにフォローしてくれる
さすが長く生きているよなあ とおもう人もたくさんいて
たくさんたすけてもらう

わたしはわたしの立ち位置で言うべきことを言っていかなきゃいけない

そのときにひとりではむりなことがたくさんあるなあと
おもう


まい

きょうは真夏の暑さで

真夏の暑さの中タクシーにのりこんで
午前中はココルームの常連のお客さんのお見舞いへいき
帰ってきてなんだかすぐにしごとモードへうつれなくて
ひとりでへたくそなピアノをひいてみたりして、ひとりでお昼をてきとうにつくってたべる

ぽつぽつ来てくれるお客さんと話をしたりして
徐々にしごとモードに

きょうは朝、カマン!メディアセンターをみたくて以前足を運んだけれど
場所がわからなかったという方から電話があって
その方が午後からやってきてくださって

いろいろなことを経験してどん底のような思いもして
かつてのように裕福ではなくてもいま本当にしあわせなんですと
語られたその方の表情のおだやかさがわすれられない

そうこうしていると
イギリスからこちらに旅行に来、アートを切り口にアクションを
していきたいという方と和歌山でこどもむけの絵本をつくっている
若い2人がカマメにたまたま足をとめ

まちをあるきたいということでまち案内をする

ホームレス支援やアジアの貧困地区の再生などに関わっていた
方だそうで、質問が多くまち歩きにとても時間がかかって

でも海外のはなしをきかせてもらえてとても有意義だった
当事者が活発なうごきをしている事例が多かった

海外からこちらへ旅行に来てたまたまカマメに足をとめても
まちあるきに発展することは意外と少なくて

なぜだろうなあとおもう
もっとこういう人がいてもいいよなあとおもう

その後も経理のことで整理に手間取りああというかんじ
もっと効率よくできるだろうに…
がんばります

まい

きょうはこどもの里へ

ダンサーのエメスズキさんとともにこどもの里へWSへ行ってきました
こどもの里http://www.k5.dion.ne.jp/~sato/
OCA!大阪コミュニティアートという事業を大阪市からの委託で行っていて
コミュニティアートってなんだろう…
というのをいっしょにかんがえながらアクションしていく人を募集しWSや勉強会、シンポジウムを行っていきます

きょうは第1回目のワークショップ
からだをたのしく動かして、ふれて、かんじる
こどもたちのうずの中に わあーっと入っていくと ほんとうにたのしい!
自然と顔がほころんでしあわせな気分になる
ずっと笑顔でいたら いつもの自分の顔がどんなだったか気がつく 
日々の中でしかめっつらすることがいかに多かったか
ああ 反省 口角さがってたんだなあ

はじめのうちは自分の体の首とかうでとかいった部分を押さえたり
じぶんの名前をからだにはりつける動作をしたり
今度はペアになった人の体をほぐしたり
円になって前の人の背中をさすったり
ふれあうということ単純にほんとうに大切なんだなあとおもいました
手をつないだり、輪になって背中をさすったり
背中と背中をあわせてぎったんばっこんしたり
足の上に乗っかったり、だっこしたり、おんぶしたり
こんなにこどものからだとふれあったのはひさしぶりのように思う
こどもたちといっしょにこんなにたのしい時間をすごしてなにか
体も心もスッキリしたかんじ

ココルームに帰ったらきょうのワークについてみんなで語り合い
事業の片づけや情報整理などもろもろをして
そのあとはココルームのお客さん対応や買い物などをし
カマメ!の経理をまとめつつ
つぎのこどもワークショップが待ち遠しいなあ

まい

ウォンさんの朗読会

今日はめずらしく(!?)たくさんの人が朗読会に参加
いいさんが照明を暗くしてイイ雰囲気にしてくれて
ウォンさんはじめにみんなの最近ポカしたはなしを聞かせてという
参加した小学生のなぎちゃんがきのう遠足と思っておべんとうをもって意気揚々がっこうにいったら遠足はきのうでなくて今日だったという
これはすごいかわいいポカにココルームに一同どっと笑いにわきあがる

一気になごんだ会場で次々にことばがつむがれる
かなよさんもウォンさんにさそわれて谷川俊太郎さんの詩を朗読
胸がぐっとあつくなる
1月23日にあるココルームの事業のシンポジウムに
谷川さんがいらっしゃるという宣伝もわすれずにして
そのあともじぶんで詩をつくられた方がその詩をよまれる
胸がぐっとあつくなる
その後ろでは、スタッフがちゃぶ台をかこんでめしをかきこむ
ウォンさんたまらず舞台のセットかよ!つっこむ
この舞台がわれわれの日常 日常みたいな舞台 舞台みたいな日常
なぎちゃんがコレ回して!というので暗い部屋の天井にミラーボールがまわりだし
ムーディなミラーボールの下でちゃぶ台をかこむ
さらにおかしい
その中でとてもよい雰囲気でみんながたのしくおはなししている

朗読会の様子
暗くてよくわからないですね  来月もよろしくおねがいします!
ウォンさんの夕べ

草花が届く日

きょうはたくさんの草花が届く日でした

朝自転車で大和川まで散歩してたくさんの草花を
もってきてくれた人
わしは雑草が好きだといってていねいに名もない草を生ける
その中に赤い彼岸花が凛と咲く

お見舞いに行ったけれど会いたい人に会うことが
できなかった方が肩をおとしてお店に来られて

その人のために買ったという淡いきいろのお花をもらう
病院に飾るなら一輪ざしがいいと思ったから数はすくないけれどと
わたされたお花はきれいではかない
おざしきに飾ってみる

夜にはよっぱらったお客さんがどこのお花屋さんで買ったのか
すすきや赤い実のついた木やらをもってきてくれる

ココルームもカマメも秋の草花でいろどられました

いろいろなことがあってしんどい一日だったけれど
草花がこれだけ来る日もめずらしいなあ

まい

今日は畑だよ

今日はココルーム畑に行って農とアート実践編3って事で近鉄電車に揺られて尺土に向かってます。
ただいま11時55分!
集合時間は尺土に11時!!
あはははは

たぶん怒ってるな

夕方とよる
2回まちあるきをして
どちらも20代じぶんとちかい年代の方々といっしょに
1時間ほどまちをあるく

夕方は女性2名とわたしで
何度かおじさんたちにドヤされたりやじられたりしながら歩く

毎日ココルームやカマメにへばりついてやっているから
そう言いたくなるおじさんたちのきもちがわかるからつらい

きのうのよまわりでは、まちの人から
何をしているのか聞かれ、よまわりのことを伝えると
「わけがわからない」と喧嘩ごしで言われる

よまわりは団体行動でどんどんあるっていくので
そういった方とゆっくりお話して、伝える時間がないのがくやまれる

野宿の人の置かれている現状が本当に厳しいことを
よまわりではいつも痛感する

ただでさえしんどい状態なのに
ひどい差別と偏見にこうしてさらされながら毎日いる

排除されてきた社会から、都合が悪くなれば問題すら
個人の問題として背負わされるのに

まち歩きの途中で紙芝居劇むすびに寄るときょうは敬老の日で敬老会をしていました

みんなで生け花を生けていて
○○流にちなんで「べっぴん流」とか「もったいない流」とか
いろんな流派をつくりだすおじいさんたち

高畠さんが先生になって最後のチェック

むすび生け花

オリジナルマスクをつくろう!

インフルエンザが流行っているのでマスクを
無料配布するキャンペーンがココルームが位置する
動物園前一番街ではじまりました

それにともなって
アートマスクをつくろう!というイベントをしました

商店街の方からやりませんかと声をかけてもらって

いろいろなマスクができました

インフルエンザのことはしばし忘れてたのしい気分
マスクえーこマスクかなよさんマスク安藤マスクのぼるさんしょうたくん


しばらくはこのアートマスク配布しますのであそびにきてみてくださいね

茶の間でおでんをたべながら

4歳のほまちゃん
このまちで10年はたらいてくらしている人
このまちで38年はたらいてくらしている人
他のまちからココルームとカマメを目指してあそびにきてくれた人
学生運動の指導者だった という人
着物の詩人さん(かなよさん)
散髪屋さん(あっこさん)
東京から来たむすめ(はらだまい)
ほまちゃんのおかあさん(おぬまさん)

という人員構成できょうもカオスのココルーム

とてもおもしろい会話とふしぎな場面を
茶の間でおでんをたべながらたのしむ
これぞココルームのしゅんかん
こういう場所をつくりたいんだなあとおもう

新米を宮城角田からいただいて

袋にある「生産者限定プレミアム」という文字に興奮
「新米」というきらきらしたシールにこれまた興奮

これからココルームのしろいごはんは
おいしくなりますよ~

食欲の秋
みなさんごはんたべにきてください

お昼ころから神戸大学の学生さんのインタビュー

このまちを支援者の視点から切り取りたいとのことで
ふつうにインタビューに答えていて
そのうちに支援者ではないんですよ
ということを言い忘れていたことに気づき
研究の主旨をはなから逸脱

このまちではたらいていてたまたま出会って
いろんなことをはなしして
いっしょに絵をかいたり花の世話をしたり
うたったりしながら
つながって日々顔を合わせて
お互いの体調なんかも気にかけあったりして
大変なことがあればお互いさまで
やっている
そういう日々なんだなあ

と聞きとられていくうちに再確認

なぜ自分がここにいるのか
ここで自分がなにをしたいのか
これから先はなにがしたいのか

話すことで整理できてじぶんの声にじぶんで耳をすましました

できた論文はカマメで発表してくれるとのはなしがあり
とてもたのしみだなあ

まい

参加アーティスト・いっしょに考えアクションする人 大募集

現代芸術創造支援事業
OCA!大阪コミュニティアート

参加アーティスト・いっしょに考えアクションする人 大募集

アーティスト、アートマネージャー、教育や福祉、アートに関連する行政・企業・公益法人・NPOなどの職員、研究者、コミュニティアートに興味関心のある方に向けて


ちかごろコミュニティアートということばを耳にしますが、コミュニティアートとはいったいどのようなものでしょうか?日本ではまだ事例がすくなく、なじみのうすい概念ですが、さまざまな問題を抱える現代社会において関心のもたれている分野です。
今回のプログラムはコミュニティアートの現場を体験・実践し、ワークショップを運営してゆく手法、コミュニティにおける場作り、全国・世界各地とのネットワーク作りなどを参加するみなさんとともに考え、それぞれの気づきや取り組みを共有するために企画しました。
アートが地域や社会とどのように関わることができるかをさぐりながら、これらの経験があなたのコミュニティや職場でゆたかなコミュニケーションにつながること、多様な人々の自律的な社会参加の機会をつくることをめざします。

【こども向けワークショップの現場で学ぶ】
西成区のこどもの施設2カ所でアートワークショップを実施。
その現場に参加することによって専門的な知識を持つアーティスト講師のファシリテートを学びます。
ワークショップ終了後は講師とともにふりかえりを行います。


【スケジュール】
9月26日  土   14:00~17:00  講師:エメスズキ   WS施設:こどもの里

10月10日 土   14:00~17:30  講師:岩橋由莉   WS施設:山王こどもセンター

11月15日 日   14:00~17:00  講師:エメスズキ   WS施設:こどもの里
 
12月26日 土   14:00~17:30  講師:岩橋由莉   WS施設:山王こどもセンター
 
1月  日程未定   14:00~17:00  講師:エメスズキ   WS施設:こどもの里
 
2月20日  土   14:00~17:30  講師:岩橋由莉   WS施設:山王こどもセンター
 
2月  日程未定   14:00~17:00  講師:エメスズキ   WS施設:こどもの里

●全7回  定員:各回10名 無料
●講師:岩橋由莉(表現教育)、エメ・スズキ(ダンス)
●ワークショップは土日の午後の開催を考えています。
 続けての参加をお願いしますが、1回だけでも参加可能。

*各プログラムは定員になり次第〆切ますので、事前に申し込み・お問い合わせをしてください。
特定非営利活動法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム) 
大阪市西成区山王1-15-11
tel&fax 06-6636-1612
cocoroom@kanayo-net.com
http://www.cocoroom.org

カマン!メディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6
tel&fax 06-6643-3133
info@kama-media.org
http://www.kama-media.org

主催:大阪市
企画運営:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)、(財)大阪城ホール文化振興部

プロフィール展報告

8月17日にカマン!メディアセンターで行った
みんなでプロフィールをかこう!という企画でかかれたプロフィールが
展覧会になりました
プロフィールという枠をとびこえたものがほとんど
下記FLOATでの展示のさいの写真

http://www.flickr.com/photos/30296524@N02/sets/72157622375789012/show/

FLOAT米子さん 小田さん
ほんとうにありがとうございました

「桃色ゲリラ」の 増山麗奈と行く!!「非戦と反貧困のロスジェネ・ツアー」

転載します

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「桃色ゲリラ」の 増山麗奈と行く!!
  「非戦と反貧困のロスジェネ・ツアー」
■開催趣旨
 1990年代からの「就職超氷河期」に社会に送り出された、20代後半から30代の
「ロストジェネレーション」(奪われた世代)は、格差と貧困や雇用不安を拡大させる「構造改革」の中、
「自己責任」を負わされています。
また、昨年の「秋葉原事件」に象徴されるように、ロスジェネ世代には閉塞感が蔓延し、マスメディアでは
ネガティブな描かれ方がされています。
 しかし他方で、格差社会に立ち向かい、より良き社会を実現するために労働生存運動、反戦平和運動、
環境運動、芸術活動などで、ロスジェネ世代のアクティビストが全国各地で活躍されています。
 今回のツアーでは、『ロスジェネ』編集委員・「桃色ゲリラ」の増山麗奈さんをコーディネーターに、
様々な分野で活動されているロスジェネ世代のリーダーをお招きして、トークと交流を行います。

★神戸会場  9/19(土)13:30~16:30(13:00開場)
会 場 神戸まちづくり会館ホール(定員90人)
        神戸市中央区元町通4丁目2番14号(元町商店街4丁目西端の南側角)
テーマ  「ロスジェネ女性アクティビスト 増山麗奈トークライブ」
・ゲスト 清末愛砂さん(島根大学講師)
※『ロスジェネ』編集委員・「桃色ゲリラ」の増山麗奈さんに、芸術活動を通じての非戦・反貧困の
パフォーマンスを紹介いただき、ジェンダー法学を専門とする清末愛砂さん(島根大学講師)と
「女性の貧困・労働問題」について対談します。

主催者から
お申し込みなしでどなたでもご参加いただけますが、人数把握のために事前にメール
 civilesocietyforum@gmail.comまで、お申し込み・お問い合わせいただければ助かります。


今頻繁にお送りしていますので、ご不要な方は下記で解除して下さい。
http://gallery-shimada.com/cgi-bin/magazine/magazine.html
ホームページ: http://www.gallery-shimada.com
メールアドレス:gallery.shimada@dream.com
■ ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
 TEL&FAX 078-262-8058

水都事務局より

転載します



先週末は過去最高の来場者数を記録した水都大阪2009。おかげさまで連日にぎわっております。今週末の5連休はダンスデイズ!未就学時から中高年まで対象も様々です(すべて要予約)。各回若干の空きがありますので、連休の予定が決まってない方、是非中之島公園で体を動かしましょう♪

1.エメスズキ「いっしょにおどろううう」 

9月19日(土)10時~12時 

対象:未就学児童と保護者、15組

ちいさなこどもたちといっしょに、五感をフル活用して、思わずおとなも童心にかえって遊んでしまいたくなるような、そんな場をみんなで創り上げていこう!という時間です。「からだの森」のようなこの場で、大いにそのカラダを研ぎ澄ましていただきたいと思います。

  http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/037.html

2、森美香代「意識を育てるダンスワークショップ」

  9月19日(土)15:00~17:00

  対象:働く女性 15名

  一人一人が自分自身のカラダをていねいに見つめ、ゆるめたりほぐしたりしながらゆっくり感じていきます。日常の動作すべてがカラダを使った表現(ダンス)です!いつもの自分のカラダとココロにプラスαを見つけにいらっしゃいませんか?

  http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/142.html

3、鞍掛綾子「GAGA/people」 

  9月19日(土)19時~21時、

対象:一般、20名 

GAGAは言葉で体を動かして行くプロセスを作ります。言葉のイメージを伝える事によって脳みそから体の細胞レベルまで問いかけます。クラスで行なわれるのはただ自分の想像力を使い、体を通して自分自身をめざめさせ、感覚の知識を増やしていきます。

  http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/061.html

4、きたまり「コドモのびのび、カラダであそぼう!」

 9月20日(日)10時~12時

対象:小学1年生~3年生(保護者は見学可能)、25名

いろんなコトバやイメージを使ってカラダをほぐしていき、皆で一緒にカラダを動かして遊びます。カラダを使って自分の自己紹介をしたり、自由な発想でのびのびとカラダをうごかしたり、ルールを決めてカラダの使い方をコントロールする体験します。カラダに対しての新しい発見を見つけていきます。

http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/058.html

5、黒子さなえ「あそびからマイダンス」 

 9月20日(日)13:30~15:30

 対象:障がいを持っている方、15名

 まずはゆっくりと呼吸をしてみます。そして、ゆらゆらしながら「きもちい~・あったか~い自分」を感じてみましょう。後半は、カラダを使った簡単な遊びの中から一人ひとりの面白い動きを発見していきます!(付き添いの方はご見学いただけます)

http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/065.html

6、隅地茉歩「「ボディ・コンディショニングという新しい習慣」

  9月21日(月・祝)19時~21時

対象:成人の方、15~20名  

立ち方も座り方も寝相すらも、小さなコツを試すことできちんと変化してくれます。お仕事やご趣味の傾向に関わらず日課にできるボディ・ワークをお持ち帰り頂き、ご自分の身体との二人三脚を新たなものにしてみませんか?まだまだお互いにパートナーであり続けるこれからの日々のために。
http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/087.html

※いずれのワークショップにも動きやすい服装、水分、タオルをご持参下さい。(着替えスペース有)

「水都大阪2009」メイン会場の中之島公園内には、アーティストによる作品展示に加え、「つくる」「あそび」「はなす・観る」の三つの機能を持つ7つの仮設の小屋が設置され、その中で大人や子どもを対象とした五感を刺激する160組以上にのぼるアーティストによる体験型アートプログラム等が週末を中心に行われます。会期中無休、入場無料(プログラムの一部は有料)

●52日間フルオープンのプログラム

老若男女に大人気! KOSUGE1-16

http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/001.html

子供リピーター急増中!藤浩志  http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/002.html

中之島がヤノベワールドに!ヤノベケンジ http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/003.html

農とアートのお知らせ

9月22日(祝・火) 農とアート実践編 vol.3 冬野菜を植えよう (要予約)雨天時中止

春に植えた夏野菜の季節はもうおしまいで、もう冬のしたく。
少しだけですが芋掘りもしてみんなで食べましょう。
(ココルーム畑は小さな畑で、また一般家庭を住みびらきするため参加者は十名程度に限定させていただきます)
持ち物: お茶 軍手 着替え 長靴 タオル 交通費+食事カンパ
集合:近鉄南大阪線 尺土駅改札にて11時集合
お申込み:ココルーム
      〒557‐0001 大阪府大阪市西成区山王1-15-11
      tel/fax 06-6636-1612

転載します


お世話になります。木ノ下智恵子(阪大CSCD)です。
先の9/20に続き、シルバーウィーク中の《ラッキードラゴン》スペシャルクルーズ第二弾のお知らせです。

《ラッキードラゴン》に随行する船にのって、名村造船所跡地でのファイヤーパフォーマンスも行い、巨大彫刻《ウルトラ -黒い太陽- 》体験ツアーをご堪能下さいませ!

9/21(月・祝)のゲストは、おかけんたさんです!ふるって、ご参加下さいませ!

(下記、転送転載大歓迎です。周知告知にご協力を賜われれば幸甚です。)

ゲストプロフィール

おかけんた(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属タレント)
吉本所属のお笑い芸人にして現代美術コレクター。美術作品のコレクターに留まらず、「青山スパイラル テイクアートコレクション アートトーク」、「アートフェア東京」などのゲストナビゲーターや、「ART OSAKA」での各種アートイベントの企画者を努める。また、サンケイ新聞でのアートコラム、月刊誌 Meets「おかけんたの♪えぇアートコレクター♪への道」連載などがあり、さまざまな試みを通じて、アートの魅力の伝道師として活躍する。公式ブログhttp://okakenta.com/

=====================================
《ラッキードラゴン》スペシャルクルーズ&《ウルトラ -黒い太陽- 》体験ツアー
【申込方法】要事前電話予約 070-5501-6626(受付時間 10:00~19:00)
=====================================
実施予定日とゲスト予定:
9/20(日)明和電機/土佐信道さん
9/21(月・祝)おかけんたさん
9/23(水・祝)藤浩志さん、KOSUGE1-16(調整中)
10/10(土)調整中
10/12(月・祝)調整中
各日2便運行
A便(12:00中之島ローズポート発→14:30名村造船所跡地着、現地解散)
B便(15:30名村造船所跡地発→18:00中之島ローズポート着、現地解散)
参加費:4,000円(1便40名/先着順 ※定員になり次第〆切/事前申込・振込制)

・ お申込手続き・ご入金確認後、当日の参加方法等の詳細をお伝えします。
・ 15歳以下の方は保護者同伴(2名以上参加)でお願いします。
・名村造船所跡地(《ウルトラ -黒い太陽- 》展示会場)へは、スペシャルクルーズに参加される方以外はご入場頂けませんのでご注意ください。

ミラーボールをまわしながら

今日は一日中会議

ココルームミーティングはごはんをたべながらでは
きぶんが悪くなるほどの内容のヘビーさ

きぶんが重くならないように
最近ココルームにどこからともなくやってきたミラーボールさんをまわす

きぶんが重くなったらくるくる回る天井のミラーボールみつめて現実逃避

いやいやいけない
気をとりなおして現実と向き合う

どうしていったらよいか

金の亡者と化した経理担当おぬまさん
怒涛の夏がおわってバーンアウトぎみのはらださん
体調が気にかかるかなよさん
あれは喧嘩じゃないとあっこさん
ごはんだよっていわれたときに来ない人は自分でよそるんだよ!と
怒られるひらかわさん
えらいミーティングに巻き込まれるアサダさん

会議ではなしができず
宿題!ということになった項目がじつは一番重要な気もする
かんがえよう

まい

日曜日

日曜日のココルームはやっぱり混むのです
世の中は日曜日はおやすみなんだなあ
遠く四国からのお客さん・東京からのお客さん
たぶんココルームに来たくてココルームを目指してきてくれただろうお客さんなどなど
ずっと混んでいて
でもふだんはカマメにいることが多いから(ココルームくるくる日記なのになあ)
カフェは新鮮でたのしい
たくさんの人とおはなしができた
パソコンでなく体をうごかして動いて
すぐに人に「ごちそうさま」とか「ありがとう」とか言ってもらえて
じぶんの手に小さな小銭が手渡される
たいせつなものが手渡される
はたらいているなあ
とかんじる
できればこういうしごとのほうがいいよなあ
パソコンいやだなあ

夕方からはふじえださんのみんなで絵をかく会
今日はちいさな紙にカラ―でにがおえを描いてくれる
みんな「わあ~」とよろこんでくれる
こちらもすぐに人の「ありがとう」の声がきこえる
ふじえださんの手に小さな小銭が手渡される
たいせつなものが手渡される

絵がすきなひとがたくさん絵をかく輪に混ざってにがおえやいろんな絵をかいて
絵は描かない人もふじえださんに会いにきたり

「絵をかきたい」というひとことからはじまったこの会
ファンが増えていくなあ

みなさん「こんなイベントしてみたい!」というのがあれば
こえをかけみてください

ねこちゃんを通して思う

今日はアート&アクセスシンポジウムでした
アート&アクセス シンポジウム
http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/2009/08/20090912-2.html

釜ヶ崎からアートへ
というテーマで
いろいろなおはなしをみんなでしましょうという会

午後からは、実際この地で活動している方をよんでおはなしを聞かせてもらう
12人、14団体を紹介する企画
準備ではまちをあるき、いろいろな方におはなしをきかせていただいた

「なんとかシラフで歌を歌える場をつくれないか…」
「なんとかしごとをつくれないか…」
「いまある楽器でなんとかなにかできないか…」
「なんかたのしいことができないか…」
「故郷を失った人がなんとかお盆をたのしくすごせるようにできないか…」

おはなしをきくといつも
現場のだれかの「なんとか~できないだろうか…」という想いが出発点になって
そこからさまざまなものがたちになっていく

歌、おどり、楽器、てづくりバック、絵、まつり、演劇

キーボードから排除された手は、えんぴつをもって詩をかき、クレヨンや絵具をもって絵を描き、ダンボールで創作する
手はさまざまなものをつりだす
生存のふちから立ち現れる 存在のあらわれ としての表現がある
という栗原先生のおはなしをおもう

きょうはむすびの新作かみしばい「ねこちゃんの人生すごろく」のおはなしを
栗原先生が解釈されたおはなしをきく

ねこちゃんはぶんちゃんをさがす旅にでる
けれどねこちゃんとぶんちゃんはふたりでひとりなんじゃないか
ぶんちゃんは失われたもう一人のねこちゃん

ねこちゃんはたくさんのどうぶつたちのアシストを受ける
さいごにカラスのくろちゃんと屋上にのぼり
ぶんちゃんの家をみつける
眺めて知ること
触れて知ること
どちらも大切だということをおじいさんたちのかみしばいをとおしてかんがえる

わたしも現場をもっている
ココルームやメディアセンターがとても大切
地面にくっつくように、いろいろなものに直に触れながら知り考えるような
毎日の運営がなかったら
自分たちのやっていることの方向がわからなくなってしまう
でもときにこうして、屋根の上から眺めるような一歩引いた目線をもつことも大切だなあと
おもいしる

きょうはねこちゃんがくろちゃんと一緒に空をとんだときに
眼下にたくさんのなかまやたくさんの場所がみえたときのようなかんじでした

現場でみなさんががんばっている
自分もなにかしたい…とおもいました

バンドやろうぜいっ!

カフェ番あっこです。
ココルームにはいろんなジャンルのCDがいっぱいあります。
レコードもあります。いままで名前は知っていたけど聴いた事なかった音楽がきけたり、若い時に聴いた時は、こんなのロックじゃない! と思っていたものが、現在 聴くとゾクゾクっとして いままでばかにしてゴメンくさいそしてありがとうございます~!!神様~~となります。

いやぁ音楽ってほんっとにすばらしいですね
自分でも弾けたらなぁと いままで何回かチャレンジしたのですがきっちり三日ぼうずで終わってました。

さて またまたギター弾きたい熱が燃え上がってまいりまして只今3日目。
今回は教えてくれる先生がなんと難波屋のマスターなのでございます!!
忙しいのに かたずけをしながら教えてくれるのです。

ひとりではなにを練習していいかわからなかったのですが、今は
目標もでき頑張っています。

まずは一曲弾けるよう頑張ろっと!

中井さんとまちあるき

お昼は韓国よりのお客さんが来られて勉強していかれる
かなよさんがまちをご案内

夕方からはアート&アクセスシンポジウムのプレイベントでまちあるき
紙芝居劇むすびの中井さんがご案内
わたしもいっしょにあるかせてもらう

中井さんはまちあるき案内役にもかかわらず
とちゅうで犬とじゃれあい先頭を放棄
「まっすぐですよ~」とうしろから声をかける
こんな案内はじめてだなあ
でも中井さんがいるといないとでは
まちをあるくときの安定感がちがうなあとおもう
実際の自分の体験のおはなし
このまちで生きてきた人が先頭にいる重み
まわりからの視線もちがうように思えた

いつもまちを大勢であるくことについて、いろいろ考えさせられる
「見世物じゃないんだ」
「こんなもんみてなにがたのしい」
とどやされる

でも目で見なければ、知らなければ
考えられないことがたくさんあることを
わたしも身をもって知ったから

こういう機会も必要だと自分にいいきかせる


まちあるきあとは
シンポジウムの前夜祭でお鍋
お客さんでたくさんのココルーム
松茸に秋のかおりをかんじつつ

あわただしくすぎていきました

今は、きのうのたそがれコンサートの音楽をカマメで聞きながら
ブログ更新中
うーんすてきだなあ
きぶんはたそがれ

まい

今日は休日

カフェ番あっこです。
最近ヒマです。

どうしたもんでしょう。
まあ 世の中みんなそうじゃい!っていうてしまえばそうなんですが。

しかたないので
私の悩みを聞いてください。(なんでやねん)
あのですね…

やっぱりやめます。


ってなぐあいに 悩みや思っている事を語りあおうじゃないですか

カマン!TVをみる会とたそがれコンサートとかま凹バンド

本日は夜から
カマン!TVを見る会とかま凹バンド練習会がカマメで
三角公園ではたそがれコンサート
がありました

カマンTVを見る会最中にたそがれコンサートを見終わったお客さんがココルームに流れ込み
東京から社会学を勉強している学生さんと
映像を勉強している学生さんが来たり
パソコンでもくもくと絵をかいている人がいたり
おぬまさんちのほまれちゃん(4歳)がいたり
案の定のよっぱらいさんがいたり

ああカオス状態のココルームとカマメ

ドリフターズ。ビートルズ、夏目まさこ、金八先生、ドラゴンボール、、、ジャンルを超えたコラボレーションが今日もカマン!TVで実現
そのTV会のうしろでかま凹バンドの演奏練習が勝手にはじまり、店の前ではおじさんが学生のインタビューに答える大混乱絵巻

ココルームはシェフ泉谷さんのくしゃみ鼻水がとまらくなったため、早めに閉店することに

今カマメでは映像を勉強している学生さんのインタビューに、われらがアサダさん(カマン!TVプロデューサー)、平川さんが対応している
かたわらでインタビューのおはなしを聞きながら、むかしのココルームのこと、カマメのこと、これからのココルームやカマメのことについて語られていくのを興味深く聞いています

報告:まい
プロフィール

くるくるスタッフ

Author:くるくるスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。