スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗だくでがんばりました

朝から郵便局へ行ったりプリント屋さんへ行ったり
むすびにもの届けたりで自転車を走らせると暑さで汗だく

かえってPC仕事をしながらカマメの奥4畳半の部屋のそうじ

なんせ奥の4畳半とキッチンにはクーラーはついていないし
パンフレットや冊子が入った段ボールはめちゃくちゃおもいしで
この夏一番の滝のような汗をかく

また事務してあれこれとしているうちに夏まつり用に
おっちゃんと組んでやっているバンドの練習時間になってしまう

今日はとある施設へ行ってバンドのデビュー演奏をする

はりきるおっちゃんを横に、わたしたちはバタバタで
へろへろ

ここまででほとんどの体力をつかいはたしてしまったので
肺活量のいる楽器をしっかり吹けるはずもなく

すこし休ませてもらったりいそぎの事務をさせてもらったりで
練習は15分ほどしかできなかった

おなじく公演をするむすびのおじいさんたち
と一緒に会場へでかける

むすびのおじいさんたちもこの暑さのため紙芝居道具を持って行く
のを断念したそうで、台本だけをもって朗読形式での公演になった

新作紙芝居はきょうできたてのもので、台本の読み合わせは1度しか
していないため
いつものほんわか紙芝居にさらに磨きがかかって
笑いの絶えない朗読になった

この新作紙芝居は水都大阪で8月31日に披露されたり、
いろいろな企画があるのでこうご期待です

われわれの演奏は一生けんめいやりましたがもちろんぼろぼろ
けれどおじいさんや障がいのあるかた、施設の職員さんみなさん
ほんとうによろこんでくださる

なんどもアンコールがかかり、それこそ限界の状態

へろへろでココルームへ帰り、へろへろでPCへ立ち向かう
スポンサーサイト

ぽえきゃばの夜

ぽえきゃばを開催しました

きょうは学生さんをつれて先生が来られたり
常連さんがたくさん来たりでお店はぽえきゃばとは
無関係にお客さんでいっぱい!

ゆかたきつけ教室は3回目くらいなのに
まったく着方を覚えていない自分に「こんなはずでは…」と
おもう

週に1回は着ないとだめよとかなよさん

ぽえきゃば嬢がすくなく急遽おやすみの
あっこさんにきていただく

お客さんはぽえきゃばをよろこんでくれたり
よんでと言われた詩をよんでるのにぜんぜん聞いていない
よっぱらった人がいたりいろいろ

前回よりきもちをこめて読むことができなかったなあと
今日の自分の調子がわかったりしました

しかし、たまたま来ていた学生さんが興味をもってくださり
次回参戦してくれるそう

うれしいかぎり

ぽえきゃば嬢募集中です

こういったきかいがないと詩をだれかに
きもちを込めてよむことはなかなかないとおもいます

次月も(9月になるかもですが)やりたいとおもいます
とってもよいきかいなのでぜひきてみてください




夏まつりチンドン練り歩き!

8月12日 夏まつり周知のための チンドン練り歩き!

今年もおこなわれる「釜ヶ崎夏祭り」をまちの人たちに知ってもらい、みんなで盛り上げてゆきましょう!おとなもこどももみんなでチンドン!
 おもいおもいの仮装やお化粧や楽器をもってまちを演奏しながらねりあるきましょう。

持ち物:衣装、楽器(無い人はよかったらお貸しします)、お茶、タオル

日時:8月12日

   14:30 ココルーム・カマメ集合。

   16:10 ちんどんスタート
         山王・釜ヶ崎周辺をねりあるきます。自転車や通行のじゃまにならないよう気をつけて         練り歩きましょう。

   16:30 萩ノ茶屋 「こどもの里」到着
         こどもたちと合流ののち、センターにむかって練り歩き
    
   17:30 三角公園到着
         ちんどん披露(約10分)
         ~前夜祭~(前夜祭に参加しない人は現地解散)

1 みなさん思い思いの楽器や衣装を持ってきてください。
2 熱中症対策をおわすれなく。
3 自分の体力と相談してちんどんに参加してくださいね。



お問い合わせ
cocoroom
大阪市西成区山王1-15-11
06-6636-1612

ちゃりちゃりさんぽレポート

ちゃりちゃり散歩にいってきました

3時間近い旅でへろへろですがほんとうにたのしかった!

参加者はちゃりちゃり散歩に毎回参加してくれる
のりこさん、とそのおともだち、ココルーム常連のおっちゃんののぼるちゃん


こののぼるちゃんに少々焦点をあてながらちゃりちゃりレポートします

ます渡船にのろう!
ということになり渡船場をめざしてココルーム前をしゅっぱつ

お店の常連さんたちが「いってらっしゃい」と見送ってくれる

鶴見橋商店街を越えたあたり ふるい住宅のあるあたりで井戸を発見
近所のひとがまだつかえるとおしえてくれみんなでみずをさわると
冷たくてきもちいい
のぼるちゃんはガブガブ井戸水をのんで元気に出発

工場地帯にはいると大きなタンクや機械のある場所がたくさんみえる
工場や工事現場のはなしをしてくれた町のおっちゃんのことを思い出す

今まではそんなことはなかったけれど
これからこういう場所をみるときにはいつも現場で汗をかいて働いた
あの人やこの人を思い出すんだろうとおもい
出会ったあとも出会いつづけられる
それだけで出会った意味があるのかなとおもう

みんなと自転車でかぜをきり

川を船でわたり、神社でみんなで一休していると
のぼるちゃんがどこかに消えてしまう

平川さんがさがしにでるとどこからともなくのぼるちゃんは帰ってきて
買ってきてくれたたこ焼きとジュースをみんなにふるまってくれる

いつものまちから出て自転車をこぎながら聞くおっちゃんのぼやきやからみは
なぜかいつもより受け入れられて

外にでるというのはいいことだなあ

とおもいながらまたみんなと風をきり
川べりの工場地帯をすすむとばったりアートスペースに遭遇!
安治川にある倉庫をオープンスペースにしてイベントを開催している「FLOAT」

たまたま開催されていた展覧会をみんなでみる
現代アートと出会うのぼるちゃん
アーティストの意図をはやくも読み取り作品とあそぶ

アーティストの方にはなしかけ続けるのぼるちゃんをおいてまたペダルをこぎこぎ

自転車でエレベーターに乗って地下にもぐり
トンネルを通って帰っていく

途中ちいさな商店街ではおまつりの屋台がつぎつぎ組み立てられていき
まちのお寺ではお葬式の準備がされている

生きて動くまちまちを通り抜けてはしってく

かえりみちのぼるさんはつかれてきたみんなをはげますように
急に速度をあげて走り出し見えないくらい遠くまで先にいってしまう

ふとみると大きな道路の向かいの歩道をはしっている
大声で名前をよんで手をふると手をふりかえしてくる

帰るとへろへろ
でものぼるちゃんはのりこさんに自分のはなしをかたっている

バルサンとピコピコとポチポチ

今年の夏は虫がどこかしこに発生しているよう

ココルームも対策を練り

深夜にいずみたにさんとバルサン大作戦

今日はバルサンにたかれた部屋をおおそうじ

電気機器にかけたカバーをはずして
カマメに避難していたものを部屋にもどし
膨大なかずの食器をひたすらあらい

たたみの下を掃除し
レコードをかたずけ

スタッフみんなぼろぼろになって気付けば夕方

常連さんがやってきて手伝ってくれる

通天閣そばで疲れを癒すミックスジュースをグビグビのんで回復し

カマメでパソコン講座を開催

参加者のおじさんたちのパソコンのレベルはまちまち

みなさん一生けんめい
とってもスムーズにおぼえてくださる

パソコンではじめてつくった書類を笑顔でもって帰る
背中は音符がみえるようにルンルンしていた

パソコンで検索することを『ピコピコ』といい
キーボードを『ポチポチ』というこの町のおじさんたちは

この未知の機械と一生けんめい対峙して
進んでいこうとしているんだなあ


なつやすみにいきたいところは

西成人権文化センターさんへ
子どもたちと夏休みに行きたいところの絵をかくという
ワークショップへ助っ人で参加しました

なつやすみに行きたい場所

をみんなでかんがえる

海が大人気

わたしも海にいきたいなあ
とおもっていたところ

できあがった絵も海がおおいから
青っぽい

それから「宇宙」もおおかった

前日に日食をみていた人が多かったから
宇宙の神秘にきもちがむいている人がおおかったよう

印象的だったのは
はじめ5人のグループで自己紹介したときには
はずかしくてなにも話せず甘えてくっついてきた男の子

絵をかきおわった後には30人くらいのまえで
いっしょうけんめい話し自分のかいた絵の紹介ができていた

ここで出会ったみんなのなつやすみには
どんな冒険がまっているんだろう

わたしの今年のなつはどんなことが待ちうけているのだろう…

考えるまもなく毎日がすぎていく
気付いたらなつがおわっていそう…

非認証有機野菜がとれるまで #2

続きを読む

日食 de 一句

きょうは日食を見る会をしました

ひとりでみるよりみんなでみたい日食
ということでかなよさん・あっこさん・
あっこさんのお子さん・まいで
天王寺公園へ

くもりで見えないか…

とあきらめていたら

くもとくもの切れ間からぴかっとひかる
三日月のような太陽

おもわずわあ~!と声をあげ

庭園にかかる橋にこしかけて
みちていく太陽をみあげながら一句


そうだった晴れの日ばかりが晴れじゃない

カメの子とたわむれる日食(くもり空)

念じればくもさんどくかな部分日食

こんなにもそらをながめて天王寺

などなど


日食で少しあたりが暗くなったときには
せみも鳥もなくのをやめて

あたりはしーんとしていた

動物がすごいのか
宇宙がすごいのか
きっとどちらもすごいし
そういう枠におさまりきらない
力がなにかあるのだろうなあ
とおもいながら

興奮しながらまたココルームへ
帰ってきたのでした

ココルーム畑 すみびらき!

ココルーム畑のある葛城市の尺土駅に11時に集合。

遠く須磨からきてくださった方々も!
遠路はるばるありがとうございます。総勢10名。4歳から50代までのふしぎな組み合わせの団体。

 てくてくと畑に向かうみちの田んぼには足の生えかけたおたまじゃくし
、ざりがに、田螺、いろんな生き物がいます。
みんな童心にかえって田螺とったりおたまじゃくしつかまえようとしたり。

 しばらくほっとくと夏の畑はくさぼうぼうになります。
今回の目的は草抜きとマルチかけ(草がはえないように黒いビニールをかける)。
KICX3730-1.jpg



 もちろんこどもたちは草抜きなんかしないで用水路でざりがにつかまえたり
元の服の色がわかんないくらいどろんこに。

KICX3744-1.jpg

 
 一仕事おえておなかがへったのでおうちでお昼ごはんを食べることに。

 中庭で行水す人、ざりがにを取りにすぐ隣を流れる川に入る人、シャワーを浴びる人、
ビールを飲む人、カレーを食べる人、お昼寝する人…。

ほまちゃんといいさん


 大人もこどもも集まって、なんだか田舎のおばあちゃんのうちに集まって畑仕事をしたあとだらだらのんびりしているのが、みんな血はつながらないのに遠い親戚みたいな感じがしてとても不思議な感じ。
 
 ココルーム畑 農とアートと住み開き、次回は9月上旬を予定しています。
みなさんのご参加をお待ちしています。

すみびらき1

 

多国籍ルーム

本日のココルームは何カ国もの国からの
お客さんであふれる
多国籍ルームとなりました

きょうは日本人のわたしたちが
マイノリティだねとおぬまさん

いろいろな国の方にこの町や
ココルームはどのように映っただろう

こんな状況のなかカマメでは
BEPPU ARTPROJECT混浴温泉世界へ
行ってきました報告会をしました

ココルームスタッフ全員プラスアートプロジェクト
のために企画されたふつうのツアーだと
思って来たらココルームスタッフだらけで
びっくりだった花村さんにも来ていただき

はじめはほとんど人がいない中スタート!

じょじょに人があつまりだし
最後の花村さんの報告に
プレゼントはかくあるべきを
教わって閉会


報告会BEPPU


いろいろな反省を残しつつ

最近完成したこころのたねとして2008にある
無秩序と公共性のはなしを思い出したりしながら

みんなでおみやげのまっこりとチヂミなどを
食べておなかいっぱいで帰宅したのでした


ココルーム手芸倶楽部~チクチク通信~

こんにちは!
ココルームカフェ番☆奥様代表あっこです。
月に1.2回ココルームで手芸倶楽部をやっています。

各々 作りたいものを作ったり、作りたいけど作り方がわからない時には
相談して教えてもらったりして おしゃべりしながら楽しくやっています。

ボタンのつけ方から
パンツのゴムの通し方など、いまさらきけない事も優しいお姉さま達が
親切丁寧に教えてくれます。

モノを作る楽しみ
そして モノを修繕して大事にする気持ち
それって素敵やん!

私もそうですが、ひとりですると すぐにあきてしまい途中でやめてしまう なんて事ありますが、
みんなでおしゃべりしながらチクチクしていたらしらないうちに出来ちゃった!みたいな

次回は8月19日です
老若男女あ~つ~ま~れ~

手芸写真



夏ちょうちん

今日ココルームにきてくださったお客さんの俳句から


蚊の止まる感触冴えて立ち止まり


たくさんつくってらっしゃるうちのひとつ

ココルームでもメディアセンターでも虫にくわれて
あっと思うことがおおい



街あるき団扇を二枚わたされて


商店街も七夕からなつのまつりムードへ


商店街夏ムード

ココルームとカマメの間をはしわたし
ちょうちん

非認証有機野菜がとれるまで #1

 はじめまして、糸岡です。
 梅雨入りしたばかりかと思いきや、猛暑、日照り、しかもいきなり梅雨明けの予感。あ~憂鬱。さらに、これからオクラが嫌になるくらいにとれそうな勢いでできはじめてきました。さらに悪いことには、ナスの葉っぱの上を、大害虫のニジュウヤホシテントウが多数徘徊するようになってきました。
 
 さて、非認証有機野菜路上販売がいつもお世話になっております。畑の様子もみなさんに紹介できたらいいなと考えういて、急遽、畑の写真を公開してみようかという話になりました。最初から害虫の話ばかりなのは暗すぎるので、とりあえず今日は今作っているモノを紹介したいと思います。
 

畑全体 2009年7月14日
 とりあえず畑全景。100坪(300平米)だけです。奥に見えている白いネットからは、他の人の畑です。

ナスの花とツルムラサキ

 これは水ナスとツルムラサキの間作。このコンビネーションは全くの行き当たりばったりです。水ナスは約20日後くらいからとれると思います。

オクラの花

 オクラの花。艶やかです。

ミニトマトの地這い栽培

 ミニトマトの“地這い栽培”。もともとトマトは原産地アンデスでは、岩だらけの急斜面を這いつくばって伸びていくものだそうです。日本でも昔は、最初は地を這わせて、実がついて初めて茎を立てていたそうです。私は、支柱の高さを節約するために、わざと花が咲かないうちは茎を地面に這わせていたのですが、実は昔の人たちはみんなそうしていたんですね。

長ニガウリの若い果実

 ニガウリ。実が特に細長くなる品種です。来週あたり収穫できるかしら。

メロンの若い果実と花
甘瓜の若い果実

 メロンとマクワウリ。去年はカメムシにやられてあまりうまくできませんでしたが、今年はどうなることやら。

ゴマとフダンソウ(うまい菜)

 「開けゴマ」のゴマと、「うまい菜」として知られるフダンソウの間作。後者はもうそろそろ間引きしなくてはなりません。

 とりあえず今日はここまで。

光さしこむ おどもあそびの日!

今日はココルームはおやすみで
メディアセンターでおども(おとなもこどもも)あそびの日

今月26日にチャリチャリ散歩
(自転車でみんなでおさんぽ)をするため
レンタル用の自転車にみんなでお絵かきしたり
ぼうずめくりや段ボール工作であそぶ

たくさんの子どもたちと一緒にあそぶ

子どもさんをおむかえに来たお母さんが
「子どもがいると場所から良いオーラがでるね」
と言っていた

ほんとうに子どもたちといっしょにあそんでいると
きもちがぱっと明るくなって
笑っているじかんがとっても長い

通りすがるおじさんたちも
みんな笑顔で声をかけていってくれる
商店街もぱっと明るくなる
アーケードがなくなったみたいに
子どもの笑顔で道やまちに光が差し込む

ああいいなあとおもいながら

ふと見ると
子どもたちが遊ぶ横で
お母さんたちがいろいろな話をする

初めてのお子さんのお母さんが
ベテランお母さんとおはなし
地元のお母さんと、地元外から来たお母さんに
会話が生まれたり

「お母さん」がいろいろな思いをもって
生活していること
実は意外とわからないことを
お母さんになったことのない若者も聞く

赤ちゃんを抱くことで
お母さんのきもちに近づく

子育ては大変そうだ…
でも子どもはあったかくてやわらかくて宝物みたいに大切
とあたりまえのことに気づく


走りっぱなしで考える

今日はスタッフはわたし一人

こういうときはまず、カマメを開け
ココルームにお客さんがきたら
ココルームへ移動という作戦を
とっている

昼頃には、常連さんがココルームへ向かって
歩いてくるのがカマメのガラスごしに見える

今日はわたしひとりだからまだ、ココルーム
開けてないんですよ…というと

くるくる(ココルームのこと)に来るためにここまできたのに…
とうれしいことばをかけられ、ココルームへ移動する

ひとり座敷にあがりお客さんと話ながら
ごはんをたべ

この間のイベントで着たゆかたに
アイロンをかけていると

つぎつぎにお客さんがきてお店のなかは
あれよあれよで満席に


初めてお店に来てくれた近所の方が
常連さんとおなじ小・中・高だったことがわかり

常連さんのお母さん、近所の方のだんなさん
もまじえてはなしはもりあがり

別のお客さんを会いたい人のいる場所まで案内したり
また別のお客さんのおともだちを店まで案内したり

はじめていらしたお客さんに何度も
「ここはどういうお店か」
と聞かれ
はなしをし
したらそんなことは言うもんじゃないと
別のお客さんにどやされ
確かに…でも…と思ったり

そこにたまたま入ってきたお客さんも
またお客さんの知り合いで
もりあがり

スタディーツアー帰りの支援者のかたに
むすびのおじさんが加わって
演奏会が始まったり

電話をかけたいから両替をしてくれと
頼まれたり

知り合いの本をあげると渡されたり

なぜかよっぱらったお客さんが
宇多田ヒカルのオートマチックで
熱狂的におどりはじめたり

なにがなにやらわからないうちに
日が暮れ夜も暮れていく

走らせながら考える

走りっぱなしで考える

ちんどんチャンスのミーティング全世界配信

ちんどんチャンスのミーティングが
カマン!メディアセンターで行われました

前回のちんどんの様子をスクリーンに
うつして見たり

次回の口上のネタはすもうでいこう!
ということですもう大会が始まったり

「雷鳥」というかっこいいしこ名にしたいという
横綱の希望却下され
競馬引退までは
「けいばやめられない海」というしこ名にすべし
ということで

そこから競馬の引退宣言が始まったり

そのどたばたの様子がメディアセンターにおかれた
ライブカメラで全世界配信されました

メディアセンターの様子はメディアセンターの
サイトにライブで配信されています

ライブでカマン!メディアセンターをかんじたい
という方はぜひこちらまで!
↓↓↓
カマン!メディアセンター


「競馬やめない海」と「平川山」のつっぱり対決!
こんなたのしい映像もときたま配信されてきます

競馬やめない関のすもう


ライブの横でライブカメラをみる

ustream.jpg



こちらはココルーム前つなしま野菜市のにら

にら


輪ゴムとめ作業などを手伝わせてもらい

みどりはいいなあ
ああ土の香り
ああみずみずしい手触り…
とこころいやされました

いのちあるものには必ず
水がある
と古代ギリシアの哲学者が言っていたのを思い出す

七夕の一日

今日は七夕

一生懸命つくった笹に
いろいろなおねがいごとがゆれる

おねがいごとかきませんか
というよびかけに

ふざけていると
どやされることも

ねがいをつづることが
ままならない
それほどに切羽つまったり
こころに余裕がない
そうもなるよなあこんな状況では

こんなときこそ
なんとかほがらかに
小さなねがいを
胸にもっておきたい

こういう中にあっても
たんざくには人のしあわせをねがうことばが
たくさん書かれた

リアカーをひいていたおっちゃんは
あんたがしあわせならそれでええという

DJみどりの7インチの日も
ゆかた姿でゆるりと流れ

今日一日何も食べていないと
青い顔をしてはなす女性に

おっちゃんからもらったバナナを渡し

けがをして腕についた血を
洗ってもらう

そんな七夕の一日

おそうじプロジェクト ~バルサン編~

ココルームにもよくあそびにきてくれる
おともだちのおうちに虫が大発生しているため
おそうじプロジェクトをお客さんと一緒に立ち上げた

今日はそのプロジェクトのため
朝からバルサンたきのお手伝いに

ちいさなアパート全体にバルサンをたくことになっていたので

用意したバルサンは12個

せーのっでたくつもりが
あやまって水が入ってしまいあちこちで
フライングでバルサン開始!

けむにまかれみんなで咳き込み
軽いパニック状態でいそいでアパートをでると

一番しっかりたかなければいけない
ともだちの部屋にバルサンを置き忘れたという
事実が発覚

パニック状態の本人を説得し

なんとかけむりの中その部屋にもバルサンをおき
なんとか成し遂げ
プロジェクトメンバーはかたいあくしゅをする

たき終るまでココルームで休んでもらううち
次々にお客さんがやってきてお店は大繁盛

あわあわしているうちにお昼をたべそこね

お客さんがくれた
サンドイッチと
かなよさんが冷凍庫からもってきた
季節はずれのおもちをたべる

きのう汗をかきながら布のはりかえをしたいすに
きょうはたくさんのひとが座りました

イスはりかえました 001


イベント情報

7月20日(月) 農とアート実践編 vol.2 夏野菜とすみびらき (要予約)

集合:近鉄南大阪線 尺土駅改札にて11時集合

ジャガイモは豊作、5月に植えたズッキーニや胡瓜、トマトはぼちぼち収穫がはじまっています。収穫されたものはカフェの料理に毎日使われています。
畑仕事をしたあと、とりたての野菜をみんなで味わいましょう。
(ココルーム畑は小さな畑で、また一般家庭を住みびらきするため参加者は十名程度に限定させていただきます)

持ち物: お茶 軍手 着替え 長靴 タオル 交通費+食事カンパ





いろいろな葉を重ねていく

きのうからペットボトルで七夕のための笹づくり

今日は昼から元気いっぱい作業にきてくれた
エース(本人からこう書いてくれと注文あり)

はりきってペットボトルを拾いにまでいってくれる

ふだんはおしゃべりでも作業に入ると一心に

常連のおじいさんもボトルのカバーを提供してくれる

ペットボトル自体はよまわりのときに
お茶を入れる入れ物になる

おにぎりを食べるとき、朝起きた時お茶がある
というあたりまえがかんたんにはできない
というのはつらいことだなあと
わたしもドヤに連泊しながらココルームへ仕事をしに
きていたときにかんじたこと

お茶のラベルははっぱに似せてつくられている
きみどりいろにみどりいろにふかみどり

いろいろなのがある

いろいろな葉を重ねていく
メディアセンターの日暮れ

♪笹にねがいの短冊をつけたりつくったりする会を
 7月7日におこないます
 ねがいはいつでも受け付けますので
 ぜひかきにきてくださいね♪




作業に熱中する エース

001.jpg


カマンくんと笹(まだ製作中)
カマンくんと笹

はっぱの材料
ペットお茶





ここはお店とおうちの間かな

せきさんバンド公開練習

せきさんが作詞し哲さんが作曲した
「釜のブルース」を
三角公園で行われる夏まつりで演奏するために練習

いろいろ案をだしながらオープンに音をだす

1回の演奏に10分近くかかる大作を4回も練習し

おっちゃんもスタッフも息たえだえ

スタッフおぬまさんのおたんじょうびを祝って
甘いケーキを食べ

七夕の笹をペットボトルのラベルやボトルの部分を使って
つくってみる

長年現場で働いてきたおじさんにアイデアをもらって
ああでもないこおでもないとつくってみる

だんだんかたちになって先が見えてきたところで

今度は近くでライブをしているお店まで道がわからないという
お客さんをお店まで送っていく

このライブのチラシづくりをお手伝いさせてもらったので
どんなライブなのか見させてもらう

おきなわのやわらかい音楽に
きもちもやわらかくなる

ついつい長居をしてしまい戻って
掃除をしごはんを食べていると
次々にライブ会場から戻って来たお客さんがココルームへ

ライブに行く前に「いってらっしゃい」と送り出し

ライブから帰ってきて「お帰りなさい」という

ここはお店とおうちの間かな



にがおえはおもしろい

本日はみんなで絵を描く会inカマンメディアセンター

朝10時から夕方まで
メディアセンターは人であふれ
熱気むんむん

マンガ家の藤枝さんが企画してくれたこの絵を描く会

藤枝さんは
まちゆく人のにがおえやココルームのお客さんのにがおえを
つぎつぎにたのまれ
すいすいとかいていき

きづけばメディアセンターはにがおえ展覧会状態

お客さんもまじってお互いににがおえの
描きっこ

にがおえはかたいスケッチとはちがって
たのしくはなしながら描けるきがるさ
手軽さがいい
相手とのきょりが近くなったり
にがおえが似ていないとときとして
遠くなったり…

とってもおもしろい

版画のにがおえも登場したり
絵馬をつくる人がいたり

ちいさな工房となったのでした

相手の特徴を一生懸命とらえようとすると
しぜんときょりが近くなる

みんなが絵を描く紙にうずもれながら
スタッフは伝票整理をしたり
チラシくばりに歩いたり
そうじをしたり

帰ってみると
ココルームも大繁盛

にぎやかないちにちでした


風にゆれるみんなのにがおえ

005.jpg

ひだりはマンガにがおえ製作中
みぎは絵馬つくり中

004.jpg


版画にがおえ
003.jpg

本日木曜味平の日

本日木曜味平の日

予定メニューです。

お料理
アカヤガラすり身の卵焼き
シイラのフライ
明石のタコわさ
その他、cocoroom畑のお野菜で何品か(収穫できれば)

日本酒
千代むすび 特別純米 無濾過生
早瀬浦 山廃純米


ぜひあしをおはこびください
プロフィール

くるくるスタッフ

Author:くるくるスタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。